前のページ
Featured image of post Github Actions で Go の lint を追加

Github Actions で Go の lint を追加

Github Actions いいですよね!使いやすいです。

この記事では golangci-lintmisspell のチェックをするための Githuba Actions の設定方法について説明します。

Github Actions を動作させるためには

.github/workflows/*.yaml というファイルを設定します。
公式が参考になります。
https://docs.github.com/ja/actions/quickstart

golangci-lint と misspell チェックの CI を追加する

.github/workflows/lint.yaml などの名称で以下のファイルを作成してください。

name: lint
on:
  push:
    tags:
      - v*
    branches:
      - master
      - develop
  pull_request:
jobs:
  golangci:
    name: run golangci-lint
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: golangci-lint
        uses: reviewdog/action-golangci-lint@v2
        with:
          github_token: ${{ secrets.github_token }}
          reporter: github-pr-review
  misspell:
    name: run misspell
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - uses: reviewdog/action-misspell@v1
        with:
          github_token: ${{ secrets.github_token }}
          reporter: github-pr-review

この yaml を追加した上で commit し Github 上で PR を作成すると以下のようになります(もしくは Repository の Actions のタブを見ても良いです)。

transction b3-1
transction b3-1

さらに、あえてスペルミスがあるような修正を commit&push すると yaml に設定した reviewdog が PR に直接コメントをしてくれます。

transction b3-1
transction b3-1

CircleCI を利用する場合は lint や misspell の設定ファイルの準備や Makefile などでスクリプトを作成しておく必要があるので、こういう定型の CI 処理は Github Actions で設定する方が楽で手軽で良いですね。

このページでは、Google Analyticsを利用しています。
Built with Hugo
Theme Stack designed by Jimmy