onemuri.space

Fitbit の使用感

スマートウォッチって知ってますか?

皆さんはスマートウォッチと呼ばれるものを知っていますか。現在では Apple Watch が発売されていて、知っている人も多いかもしれません。簡単な通知の確認や歩数、音楽を聴けるなど中々に便利そうですよね。

私も例に漏れずスマートウォッチ(歩数とか心拍とか何か色々測ってくれるもの)が欲しくなりました。

しかし、私の場合はお気に入りの腕時計をつけていたので新しくスマートウォッチを買う気にはなれませんでした。そこで「Fitbit Flex2 フィットネストラッカー」と言う商品を買いました。1 万円ぐらいかかりました。

中々スマートな機器ですね

家に届くのが待ち遠しく、届いた時にはこれで私もスマートな社会人の仲間入りかとワクワクしたものです。

思ったほど機能が充足していないモデルだった

しかし、その幻想も使い始めてみると崩れ去りました。それはいくつかの理由がります。

  1. 心拍計ついてなかった(完全に自分の調査ミス)
  2. 出来ることほぼ歩数の測定だけでは??

求めていたことは、歩数・心拍・睡眠あたりを測定できることでした。しかし、ど田舎から上京したての私ではこれらの情報を調べたつもりになって、ただ毎日 8000 歩歩くとバイブで知らせてくれる機械に 1 万円をつぎ込んでしまいました。これなら、よくわからない、本当に使えるの?と思えるような中国製のスマートウォッチに数千円かけたほうがまだよかったかもしれません。(と言うか、中国製のスマートウォッチ安すぎません??)

失敗を乗り越え、Fitbit のスマートウォッチの調査

そんなこともあり今度は間違えないぞと、Fitbit の公式にて様々なモデルを比較しました。

Fitbit 商品の比較

なぜ Fitbit を選んだかという部分には対して理由はありません。強いて言うなら、友達が Apple Watch を買おうとしていたこと、ネットで調べたら Fitbit がお洒落な感じだった。ぐらいです。w

そしてモデルを比較した結果、Charge3 を選択しました。ハイエンドモデルとして Verse2 と言うモデルがありましたが(Apple Watch と同じようなものです)、こちらは私にとってオーバスペックだったため選択しませんでした。

特に、

  • アプリが使えること
  • 音楽が再生できること
  • 音声による返信ができること

あたりは私には必要がなかったので Charge3 がちょうど良かったのです。

ちょっと使い古してきた感が出てますね…

実際に、使い始めてみるとこちらのモデルは十分な機能を有していました。

  • 歩数計測(歩幅で計算だと思います)
  • 心拍数
  • 睡眠の質と量を測定
  • タイマー
  • アラーム
  • たまに天気

ここら辺の機能が日常的に使うところです。

少し余談で、スマートウォッチの計測の信頼性について

ちなみに、おねむりスペースと言うブログでは睡眠を特に取り扱っているので睡眠に関することを話しておくと、ぶっちゃけ信用に値するレベルでは無い。と思っています。これは Fitbit に限らず他のメーカーの物もです。

なぜなら睡眠の量の測定、つまり入眠と起床の算出は単純に身体が動いているかいないかで計算して、睡眠の質は(おそらく)心拍と体の動きによるもので計算されているからです。現状、正確な値を知るためには脳波を測定しなければならず、以前睡眠を研究する機関の先生に聞いた時にも、同様のことをおっしゃっていました。

まぁ、睡眠の量と質をバリバリに可視化したくて買ったわけでは無いから商品自体には満足してます。それに今の時点ではある程度の数値がわかれば十分だと思っています。それは睡眠は 1 日の正確な時間よりも 1 週間や 1 ヶ月単位の中長期的な時間の方がよっぽど重要だからです。

まとめ

こんなところで Fitbit を使ってみた感触伝わったでしょうか。そんなに安いものでは無いので悩むと思いますが、歩数・心拍・睡眠・時計あたりの機能が付いていれば、持っていて損は無いのではないでしょうか。

次回はそんな Fitbit を使ってちょっとした実験をしてみたので、よろしければその記事(Fitbit と睡眠の質)も読んでみてください。

早寝早起きしてみたい人はぜひ。

おっと、そろそろ眠くなってきましたね。

それではまた次の機会で。

おやすみ… Fit … bit.

自己紹介用画像

Riki Akagi

2019年からDeNAで働いています。GCP(CloudSQL・GAE・Cloud Function etc)とGoでAPI開発に勤んでいます。睡眠やエンジニアリングに関することに興味を持って過ごしているのでその情報を皆さんに共有していけたらなと思っています。

自己紹介の詳細